安和の変
皇室・藤原氏関係系図(安和の変/冷泉天皇・円融天皇)©世界の歴史まっぷ

安和の変

/

Previous Post

Next Post

安和の変あんなのへん 平安時代の969(安和2)年、冷泉天皇れいぜいてんのうの宮廷に起きた政変。この結果、醍醐天皇の子で左大臣の源高明みなもとのたかあきらが失脚して、藤原氏の独占的地位が確立した。当時,左大臣高明は,その女子が村上天皇に愛された皇子為平親王ためひらしんのうの妃となっていたので、その将来をおそれた藤原氏が「高明らが為平親王を擁立して皇太子守平親王(円融天皇)の廃立をたくらんでいる」と密告して高明とその一門を中央政界から追放した。事件の結果、藤原氏を圧倒する氏族はなくなり、摂関政治の定着をみた。

Previous Post

Next Post