宝暦事件

/

Previous Post

宝暦事件 ほうれきじけん 1758(宝暦8)年、尊王論者の竹内式部が復古派の公家衆に、神書・儒書を講じ、武術稽古禁止の公卿に武技を教えたという理由で、朝廷統制の責任をもつ摂家によって処分された事件。公卿らも謹慎させられた。

Previous Post