小野妹子
小野妹子 ©世界の歴史まっぷ

小野妹子

/

Previous Post

Next Post

小野妹子 (生没年不詳 6世紀〜7世紀) 小野妹子おののいもこは、近江滋賀郡小野の豪族の出身。607年(推古15)、遣隋使として渡海。「日出づる処の天子」ではじまる国書を渡し隋の煬帝が不快の念を示したという。608年、隋使裴世清はいせいせいを伴って帰国。同年、隋使の帰国に際し、再度使者として隋へおもむく。高向玄理・僧の旻・南淵請安らが、学問僧・留学生として同行した。

Previous Post

Next Post