屯田制

Previous Post

Next Post

屯田制 辺境で守備兵に戦闘の合間に耕作させることから始まった制度(軍屯)。 魏の曹操は軍屯とは別に、後漢末の戦乱のために生じた中原の所有者のいない荒地を国有地とし、それを流民や一般農民を募って耕作させ、収穫の5〜6割を小作料として徴収する土地制度をはじめた。これが魏の屯田制(民屯)である。

Previous Post

Next Post