山田寺
山田寺東回廊 Source Wikipedia

山田寺

/ /

山田寺 奈良県桜井市山田にあった古代寺院。法号を浄土寺または華厳寺と称する。大化改新の新政権で右大臣に任命された蘇我倉山田石川麻呂の発願により7世紀半ばに建て始められ、石川麻呂の自害(649年)の後に完成した。中世以降は衰微して、明治時代初期の廃仏毀釈の際に廃寺となった。その後、明治25年(1892年)に小寺院として再興されている。 1921年(大正10年)3月3日史跡に指定され、1952年(昭和27年)3月29日「山田寺跡」として国の特別史跡に指定されている。1982年(昭和57年)12月4日に追加指定されている。