平等院雲中供養菩薩像
平等院鳳凰堂 堂内 阿弥陀如来坐像と雲中供養菩薩像(新詳日本史より)

平等院雲中供養菩薩像

/ / /

Previous Post

Next Post

平等院雲中供養菩薩像びょうどういんうんちゅうくようぼさつぞう (国宝) 天喜元年(1053)に制作された、鳳凰堂中堂内部の長押なげし上の小壁こかべに懸けならべられている52躯の菩薩像。 平等院は「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されている。

世界遺産情報

平等院

日本
登録日
1994
宗派
単立
登録区分
文化遺産
登録名
古都京都の文化財
その他
国宝:鳳凰堂(中堂・両翼廊・尾廊)4棟, 木造阿弥陀如来坐像 1躯, 木造雲中供養菩薩像 52躯, 木造天蓋 1具, 金銅鳳凰 1対, 梵鐘 1口, 鳳凰堂壁扉画 14面
Previous Post

Next Post