平重衡
平重衡(安福寺蔵)©Public Domain

平重衡

Previous Post

Next Post

平重衡 たいらのしげひら (A.D.1157〜A.D.1185)

平安時代末期の武将。平清盛の子。以仁王もちひとおう・源頼政が園城寺や興福寺を味方にして平氏打倒の兵をあげると(治承・寿永の内乱)、宇治に攻めて撃破。さらに反平氏の拠点である奈良を攻め、東大寺・興福寺を焼いた。一の谷の戦いで捕らえられ鎌倉へ護送、源頼朝と対面した。その後、南都衆徒の要求により、奈良に近い木津川の畔で処刑。首は奈良坂にさらされた。

Previous Post

Next Post