康有為の写真
康有為(WIKIMEDIA COMMONS)©Public Domain

康有為 こうゆうい (A.D.1858〜A.D.1927)

清末の学者・変法運動の指導者。1888年光緒帝に上申して、公羊学くようがくの立場から洋務派を批判し、徹底した内政改革(変法)により強国となること(自強)を強調した。98年、光緒帝に登用されて戊戌の変法ぼじゅつのへんぽうを開始するが、保守派の巻き返しで失敗し、日本に亡命した。日本で孫文らの革命派に対抗して、99年に帝政擁護の保皇会ほこうかいを組織した。辛亥革命後は、共和政に反対して、清朝回復策動に加担した。