弘文天皇
弘文天皇御影 (『図説大津の歴史 上巻』) ©Public Domain
Previous Post

Next Post

弘文天皇 (大友皇子おおとものみこ)(A.D.648〜A.D.672) 弘文天皇こうぶんてんのうは、第39代天皇(在位672年1月9日 - 672年8月21日)。天智天皇の第一皇子。母は伊賀采女宅子娘いがのうねめ。天智天皇崩御後、後継者として統治したが、地方豪族を母にもつ大友皇子は即位できない立場にあり、天智天皇の弟大海人皇子がおこした壬申の乱に破れ自害した。 1870(明治3)年に諡号を贈られ天皇として認められたが、『日本書紀』には記載がなく、即位したかどうか定かでない。

Previous Post

Next Post