大月氏へと赴く張騫使節団
張騫の西征(莫高窟壁画)©Public Domain
Previous Post

Next Post

張騫 (紀元前B.C.164頃〜紀元前B.C.114) 張騫ちょうけんは、当時漢に敵対する匈奴を挟み撃ちにするための同盟を結ぶことを目的として、前漢武帝(漢)の命を受けて、紀元前139年頃から紀元前126年頃にかけて大月氏国へ赴いた。途中匈奴に捕らえられ、10年近くを匈奴で過ごしたが、抜け出して大宛(フェルガナ)、康居こうきょをへて大月氏国にたどり着いた。同盟は結ばれなかったが、帰国後、彼の西域の情報が知られるようになり、また中央アジアにおいても、中国の使者がもたらした絹などの品々を珍重した。ここに、後世シルク・ロードと呼ばれる交易路ができあがることとなった。

Previous Post

Next Post