荘園と武士 後三年合戦
後三年合戦絵巻(金沢柵付近 1087年)源義家軍は、雁の飛ぶ列の乱れから敵の伏兵を知り、攻めた場面。(東京国立博物館蔵)
Previous Post

Next Post

後三年合戦 (A.D.1083〜A.D.1087)

清原氏の相続争いに、陸奥守として赴任した源義家が介入。藤原清衡きよひらをたすけて清原氏を金沢柵で滅ぼす。源氏の信望が東国で高まり、武家の棟梁の地位を確立した。これを描いたのが「後三年合戦絵巻」。

参考 日本史用語集―A・B共用

Previous Post

Next Post