後三条天皇
後三条天皇 (御歴代百廿一天皇御尊影) ©Public Domain

後三条天皇

/ / /

後冷泉天皇

白河天皇

後三条天皇 ごさんじょうてんのう (A.D.1034〜A.D.1073)

在位1068〜1073。父は後朱雀天皇ごすざくてんのう、母は禎子ていし内親王(三条天皇皇女)で、藤原氏と外戚関係がなく、藤原頼道と対立、24年間皇太子のままであった。異母兄の後冷泉天皇ごれいぜいてんのう後嗣こうしなく没すると即位し、親政を行った。延久の荘園整理令を発し、その徹底を図るため、記録荘園券契所きろくしょうえんけんけいじょを設けた。