後白河天皇
後白河法皇像(宮内庁蔵『天子摂関御影』) ©Public Domain

近衛天皇

二条天皇

Previous Post

Next Post

後白河天皇(上皇・法皇) (A.D.1127〜A.D.1192)

在位1155年8月23日 - 1158年9月5日 院政1158〜79, 81〜92。父は鳥羽天皇。保元の乱で兄崇徳上皇を配流し、二条天皇など5代にわたり院政を行う。当初は良好であった平氏との関係はしだいに悪化し、1179年には鳥羽殿に幽閉され、一時的に院政は停止された。清盛の死後に院政を再開。源氏の勢力を用いて平氏を打倒した。

Previous Post

Next Post