徳川家定
徳川家定(狩野派筆/徳川記念財団蔵/WIKIMEDIA COMMONS)©Public Domain

徳川家定


徳川家慶

徳川家茂

Previous Post

徳川家定 とくがわいえさだ( A.D.1824〜A.D.1858)

江戸幕府13代征夷大将軍(在職1853〜1858)。徳川家慶の4男。生来病弱で、子がなく、将軍継嗣問題が生じた。

徳川家定

江戸幕府13代征夷大将軍
(在位1853〜1858)

主な幕僚:老中・阿部正弘, 堀田正睦, 井伊直弼

徳川氏系図
徳川氏系図 ©世界の歴史まっぷ

13代将軍(在職1853〜1858)。徳川家慶の4男。生来病弱で、子がなく、将軍継嗣問題が生じた。

参考 日本史用語集―A・B共用

近代国家の成立

開国と幕末の動乱

政局の転換

ハリスから通商条約の調印を迫られていたころ、幕府では13代将軍家定(1824〜58)に子がなかったため、その後継を誰にするのかという将軍継嗣問題が大きな争点となっていた。越前藩主松平慶永・薩摩藩主島津斉彬・土佐藩主山内豊信雄藩の藩主は、「年長・英明」な将軍の擁立をかかげて徳川斉昭の子で一橋家の徳川慶喜(1837〜1913)を推し、譜代大名らは幼年ではあるが血統の近い紀伊藩主徳川慶福(のち徳川家茂、1846〜66)を推して対立した。慶喜を推す一橋派は、雄藩の幕政への関与を強めて幕府と雄藩が協力して難局にあたろうとし、慶福を推す南紀派は、幕府の専制政治を維持しようとし、朝廷も巻き込んで激しく争った。結局通商条約をめぐる朝廷と幕府の対立、将軍継嗣問題をめぐる大名間の対立という難局に対処するため、南紀派の彦根藩主井伊直弼が大老に就任し、勅許を得ないまま日米修好通商条約に調印するとともに、一橋派を押し切って慶福を将軍の継嗣に定めた。

¥2,750 (2021/09/23 20:47:06時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634010739
¥2,750 (2021/09/23 20:47:06時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634010739
広告
Previous Post