伴大納言絵詞 承和の変
伴大納言絵詞 (清涼殿で清和天皇(左)に対面する藤原良房) ©Public Domain

承和の変

/ /

Previous Post

Next Post

承和の変じょうわのへん 842(承和9)年に起きた政変。 退位後も天皇家の家長としての権威を保ち続けていた嵯峨天皇が842(承和9)年に死去すると、その直後に、藤原冬嗣の子藤原良房ふじわらのよしふさは、皇太子に立てられていた恒貞親王つねさだしんのう(淳和天皇と正子内親王との子)を廃し、仁明天皇と藤原順子(藤原冬嗣の子)との子である道康親王みちやすしんのうを皇太子とした。

Previous Post

Next Post