均輸法・平準法 推恩の令 武帝(漢) 郷挙里選 漢代の文化
武帝(漢)(作者不明)©Public Domain

推恩の令

/

推恩の令 (紀元前127) 推恩すいおんの令は、前漢の第7代皇帝の武帝(漢)が諸侯に対して、これまで嫡子ちゃくしのみが相続していた諸侯の領土を、必ず子弟に分けて相続させるように命じたもの。この結果、諸侯の領土は分割縮小され、その勢力は弱体化して、中央集権化をいっそう進めることになった。