日比谷焼打ち事件
日比谷焼打ち事件(画像出典:MIT Visualizing Cultures)公園の入口を閉鎖されしため巡査と群衆との間に大騒動起こりし時の光景なり。

日比谷焼打ち事件

/

日比谷焼打ち事件 (A.D.1905) 1905年9月ポーツマス条約を屈辱的とし東京の日比谷公園で講和反対国民大会が開かれ暴動化、警察署・内相官邸や政府系新聞社など襲撃。政府は戒厳令を発し軍隊を出動。約1ヶ月間全国各地に波及。都市民衆運動の起点。大正デモクラシーに及ぶ。