日米修好通商条約
日米修好通商条約(外務省外交史料館/画像出典:WIKIMEDIA COMMONS

日米修好通商条約

/

Previous Post

日米修好通商条約 (A.D.1858) 江戸幕府が米駐日総領事ハリスと結んだ不平等条約。神奈川・長崎・新潟・兵庫の開港、領事裁判権の承認、自由貿易、関税自主権の放棄、公使の江戸駐在と領事の開港地駐在などを定めた。天皇の勅許を待たずに調印され、尊王攘夷運動の契機ともなった。

Previous Post