日露和親条約
日露和親条約(画像出典:WIKIMEDIA COMMONS

日露和親条約


日露和親条約 (日露通好条約 ( A.D.1855〜)

幕末の1855年に締結。正しくは日露通好条約。日米和親条約に準じ、下田・箱館・長崎を開港。この長崎は、最恵国待遇によりアメリカ・イギリスにも開かれた。千島は択捉えとろふ得撫島ウルップとうを国境、樺太は国境を定めず雑居地とした。

日露和親条約

1855年に締結。正しくは日露通好条約。日米和親条約に準じ、下田・箱館・長崎を開港。この長崎は、最恵国待遇によりアメリカ・イギリスにも開かれた。千島は択捉えとろふ得撫島ウルップとうを国境、樺太は国境を定めず雑居地とした。

¥946 (2021/12/01 09:27:13時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634013045

アジア諸地域の動揺

東アジアの激動

明治維新

対外的には、幕末の1855年(安政元年12月)にロシアとの間で日露和親条約が結ばれ、千島列島の択捉島(エトロフ)以南を日本領、得撫島(ウルップ)以北をロシア領とし、樺太(サハリン)を両国民雑居の地と定めていたのに対し、1875年に樺太・千島交換条約を結んで、全樺太をロシア領、全千島を日本領と定めた。

日露和親条約と樺太・千島交換条約
日露和親条約と樺太・千島交換条約地図 ©世界の歴史まっぷ

¥2,750 (2021/12/01 08:46:09時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634030888
広告