明兆

/ /

Previous Post

Next Post

明兆 みんちょう (A.D.1352〜A.D.1431) 室町時代の画僧。中国の絵画にみられる、強固な筆法と濃厚な着色を取り入れた作風で、室町時代絵画の基礎を築く。その作風は後代の絵師に影響を与えた。『五百羅漢図』など。明兆の僧としての位は終生、仏殿の管理を務める殿主でんすという地位にとどまり、それゆえ「兆殿主」と俗称された。

Previous Post

Next Post