明和事件


Previous Post

Next Post

明和事件 めいわじけん

宝暦事件で逃れた藤井右門が山県大弐と甲府・江戸城攻撃の軍略を述べたことなどを理由に、1767(明和4)年、両人が死刑、竹内式部も流刑となった事件。

明和事件

宝暦事件で逃れた藤井右門が山県大弐と甲府・江戸城攻撃の軍略を述べたことなどを理由に、1767(明和4)年、両人が死刑、竹内式部も流刑となった事件。

¥946 (2022/05/18 16:24:35時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634013045

幕藩体制の動揺

化政文化

政治・社会思想の発達

垂加神道すいかしんとうを学んだ竹内式部たけのうちしきぶ(1712-67)は、京都で若い公家たちに『日本書紀』などを講義し、尊王論を説いて追放刑となり(宝暦事件)、さらに兵法家山県大弐やまがただいに(1725-67)は、『柳子新論りゅうししんろん』を著し、朝廷が政権を担当すべきであるという尊王論を説き、幕府の腐敗を批判して死罪に処せられた(明和事件)。

¥2,750 (2022/05/18 16:23:35時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634010739
¥2,750 (2022/05/18 16:23:35時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634010739
広告
Previous Post

Next Post