明治十四年の政変
明治十四年の政変のながれ ©世界の歴史まっぷ

明治十四年の政変

/ /

明治十四年の政変 1881年10月、参議大隈重信が国会の開設、憲法の制定について急進的な意見を述べたので、払下げ問題にも関係ありとして免官した事件。政府は払下げ中止、大隈派官僚の追放、欽定憲法の方針を決定して意思を統一し、薩長藩閥による権力体制を固めた。