明菴栄西
栄西 ©世界の歴史まっぷ

明菴栄西

/ /

明菴栄西 みょうあんえいさい (A.D.1141〜A.D.1215) 臨済宗開祖。教義:坐禅・公案(禅問答)。布教対象:京・鎌倉の上級武士、地方の有力武士。主著:『興禅護国論』『喫茶養生記』。中心寺院:建仁寺(京都)。幕府に保護され、将軍源頼家・北条政子も彼に帰依し、京都に建仁寺が建立された。宋から茶の種をもち帰り、栽培を奨励、その効能を知らしめたことでも知られる。朝廷が天台宗・真言宗と親密であったのに対し、幕府は禅宗、特に臨済宗を自己の宗教として位置づけた。