周(王朝) 春秋・戦国時代 春秋時代 魯 春秋諸国版図地図
春秋諸国版図地図 ©世界の歴史まっぷ

春秋時代


周王朝

西周

戦国時代(中国)

Previous Post

春秋時代 ( B.C.770〜B.C.403)

紀元前770年の「周の東遷」以降を東周(紀元前770〜紀元前256)と呼び、秦(王朝)によって中国が統一されるまでのおよそ550年におよぶ戦乱の時代が春秋・戦国時代であり、その前半、晋が三国(韓・・趙)に分裂するまでを春秋時代(紀元前770〜紀元前403)、分裂後を戦国時代(中国)(紀元前403〜紀元前221)と呼ぶ。

春秋時代

世界史対照略年表(前3000〜前200)
世界史対照略年表(前3000〜前200)©世界の歴史まっぷ
アジア・アメリカの古代文明
アジア・アメリカの古代文明 ©世界の歴史まっぷ

春秋諸国

王朝名成立年滅亡年都城(春秋)滅亡原因
国姓爵位開祖分封者
紀元前1046年紀元前256年洛陽古公亶父
紀元前1055年紀元前249年曲阜楚により滅亡侯爵武王の弟・周公旦成王
紀元前1046年紀元前386年臨淄家臣の田和による簒奪侯爵呂尚武王
紀元前11世紀紀元前376年曲沃、絳、新絳 韓、趙、魏により分割侯爵成王の弟・唐叔虞成王
紀元前778年紀元前206年平陽、雍劉邦の咸陽入城により滅亡侯爵
非子平王
紀元前11世紀紀元前223年丹陽、郢、陳、寿春秦により滅亡子爵熊繹成王
紀元前11世紀 紀元前286年商邱田斉により滅亡公爵の帝辛の異母兄・微子啓武王
紀元前11世紀紀元前209年朝歌 秦二世皇帝により廃立伯爵、侯爵、公爵、君武王の弟・康叔武王
紀元前1111年紀元前479年宛丘楚により滅亡公爵胡公武王
紀元前11世紀紀元前447年上蔡、新蔡、下蔡楚により滅亡侯爵武王の弟・蔡叔度武王
曹(春秋)紀元前1046年紀元前487年陶丘宋により滅亡伯爵武王の弟・曹叔振鐸武王
燕(春秋)紀元前1100年紀元前222年秦により滅亡伯爵周王朝姫氏の同族・召公奭武王
左右にスクロールします

アジア・アメリカの古代文明

中国の古代文明

春秋・戦国時代

宗族的秩序のうえにたつ西周の「封建」体制は、時代が下るにつれ、周王と世襲諸侯の血縁関係がしだいに希薄になり、諸侯の自立化傾向が避けられないという宿命をかかえていた。また、中国文化を受容して力をつけた周辺の異民族が、しばしば中国に侵入するようになり、西周第12代の幽王ゆうおうのとき、西北より侵入した犬戎けんじゅう(チベット系といわれる)によって都の鎬京が侵略され、周は都を東の洛邑らくゆう(現洛陽)に移した(紀元前770)。これを周の東遷といい、以後の周を東周(紀元前770〜紀元前256)と呼ぶ。


紀元前11世紀 - 紀元前256年
西周
紀元前1027年頃 - 紀元前770年
周・武王が殷を滅ぼして周王朝を開く。
東周
紀元前770年 - 紀元前256年
春秋時代
紀元前770年 - 紀元前403年
犬戎が周の首都鎬京を陥落。洛邑へ遷都。
戦国時代(中国)
紀元前403年 - 紀元前221年
晋が韓・魏・趙(三晋)に独立。
左右にスクロールします

この事件は周王の権威を大きく失墜させ、諸侯は自立化の傾向を強め、中原ちゅうげん(黄河中・下流の平原部)に割拠してたがいに争う乱世となった。周の東遷以降、秦によって中国が統一されるまで、およそ550年におよぶ戦乱の時代が春秋・戦国時代であり、その前半を春秋時代(紀元前770〜紀元前403)、後半を戦国時代(戦国時代(中国)紀元前403〜紀元前221)と呼ぶ。

春秋時代には、まだ周王の権威は残っており、有力諸侯は周王の権威を利用しつつ、みずからの勢力拡大に努めた。有力諸侯は、しばしば「尊王攘夷そんのうじょうい(周王を尊び、異民族の侵入を討ちはらう)」のスローガンを唱えて、諸侯に同盟(会盟)を呼びかけ、同盟の盟主となることによって勢力をふるおうとした。

春秋時代の名称は、孔子の編纂した史書『春秋』に由来し、戦国時代の名称は、諸国の外交戦略を記した『戦国策』の書名に由来する。なお、晋の分割を春秋・戦国の画期とするのは、北宋の司馬光の『資治通鑑しじつがん』に始まる。
春秋五覇

こうして同盟の盟主となった有力諸侯を覇者はしゃと呼び、そのうち代表的な5人を春秋の五覇という。五覇ごはのうち、名宰相管仲かんちゅうの補佐をえて最初の覇者となったせい桓公かんこう(位紀元前685〜紀元前643)としん文公ぶんこう(位紀元前636〜紀元前628)の2人は確定しているが、他の3人については、宋の襄公じょうこう、秦の穆公ばくこう、楚の荘王そうおう闔閭こうりょ(または子の夫差ふさ)、越王の勾践こうせんなど諸説がある。

春秋五覇

諸国『史記索隠』『荀子』王覇漢書』注全祖望
桓公桓公桓公桓公
穆公穆公
襄公襄公
文公文公文公文公、襄公、景公、悼公
荘王荘王
闔閭夫差
勾践

春秋時代の形勢は、斉・宋・晋など中原の諸侯と、南方の強国楚との対立が基調であった。楚の立地した長江流域は、当時、漢族と南方系民族が入り交じる境界地帯となっており、風俗なども中原とは異質な点があったらしい。もともと王の称号は周王だけが名乗るものであり、中原の諸侯が公と称して王とは名乗らなかったのに対し、楚では早くから王号を用いていた。しかし、長江の下流に呉や越が勃興すると、楚もかつての勢力を失っていった。

楚の荘王は周の使者に対し、周の王室に伝わる宝器であるていの軽重を問うて、周王の権威を軽侮したと伝えられる。楚や呉・越など、中原の文化的伝統とのかかわりが薄い南方の諸国は、早くから王号を使用した。
春秋諸国版図地図
春秋諸国版図地図 ©世界の歴史まっぷ
社会の変動

春秋・戦国時代は農業技術が発達し、新しい思想も現れており、のちの統一帝国の基礎が形成された重要な時代であった。春秋の終わりから戦国の初めに鉄器が広範に普及した。しかし、中国で初めて使用されたものは鋳鉄ちゅうてつであり、それから2〜3世紀遅れて、鍛鉄たんてつが出現した。鋳鉄は鉄を溶かして鋳型に入れて作るものであり、もろい欠点をもっていた。そのため青銅器が武器や祭器に使用されたのに対し、土木器具や農具として使用された。それまでの中国の農具はすべて石器か木器であったから、春秋時代中期以降、鉄器が使用されるようになると、農業は飛躍的に進歩した。
また、ほぼ同じ時期に、牛に鉄製のすきを引かせることがおこなわれるようになった。このいわゆる牛耕ぎゅうこう鉄製農具の使用で、農業生産がしだいに高まり、小家族でも自立した農業経営が可能となったため、氏族の統制はゆるんでいった。

また、抗争を続けた諸国はそれぞれ富国策をとったので、商工業がさかんになった。中でも、東方の斉は桓公かんこうのとき、名臣管仲かんちゅう製塩業などをさかんにして、巨大な利益を得た経済政策のおかげで、春秋時代、第一の覇者となった。戦国時代には、官営工業の他に民営の手工業者も数多く現れ、その主なものは製鉄と製塩であった。

生産力が高まり、商品生産がしだいに発達すると、貝貨ばいか(子安貝)とともに青銅の貨幣が用いられるようになった。春秋・戦国時代に鋳造されたのは、刀銭とうせん布銭ふせん蟻鼻銭ぎびせん環銭かんせん(円銭)の4種類である。布銭は、古代の農具のすきの形をまねたもので、韓・魏・趙でもちいられた。刀銭は、東方の燕と斉で用いられた。青銅製の刀子(小刀)を真似たものである。楚で用いられた蟻鼻銭は、貝貨をまねたものであるが、表面に奇怪な文字が刻まれている。

貝貨:春秋時代まで各地で使用された。殷周の遺跡から数多くの子安貝が出土している。
春秋時代 戦国時代
戦国時代の青銅貨幣

このような情勢のうちに、周代の古い制度は崩れ、それまで公有であったといわれる土地は私有となった。土地が私有に移ったことは、同時に大土地所有の出発でもあった。とくに治水灌漑事業が大規模に進められた結果、共同体的な農業は大きな影響をうけ、家族による土地私有が始まり、戦国時代には大土地所有者も現れた。また「封建」体制下の世襲的身分や氏族制的な統制もゆるみ、実力万能の時代となった

春秋時代には、それまで中国文化の圏外にあった長江流域に、楚・などの諸国が成立し、戦国時代には、秦が四川方面を、燕が東北地方南部を征服し、朝鮮半島北部にも中国人居住地ができ、中国文化は著しく拡大した。

古代思想界の開花

春秋末から戦国時代にわたり、血縁を基盤とする「封建」体制が崩壊し、諸侯は新しい統一の原理を求めていた。また、富国強兵にともなう実力主義による積極的な人材登用をおこなった。また、文字の使用は春秋期にはいると著しく拡大し、支配層だけに限られるものでなくなった。こういった文字の普及は、思想家の出現と無関係ではなかった。このような状況のもとに、諸子百家しょしひゃっかと呼ばれる多くの思想家や学派が生まれた。

諸子百家

  
諸子孔子・老子荘子・墨子・孟子・荀子
百家陰陽家・儒家・墨家法家・名家・道家・縦横家・雑家・農家・小説家・兵家
儒家

儒家じゅか孔子(紀元前551頃〜紀元前479)の始めた学派で、家族倫理の実践によって人格を完成し、を実践することによって、ついには理想社会と天下泰平の実現が可能であるとした。

礼:日常生活から政治制度にいたるまでの社会全般の規範

孔子は名はきゅう、字は仲尼ちゅうじといい、春秋時代の小国曲阜きょくふ(山東省)に生まれ、15歳で学問に志し、30歳ころ自身の思想を確立した。彼は、社会の基礎を礼におき、周(王朝)の礼を理想としたが、当時、礼が効力を失っていたので、それを立て直すために、人と人との間に自然に備わる道徳的な心情としてのじんを強調し、この仁の完成により天下を平らかにすることができるとした。また、理想の政治は、天命を受けた有徳ゆうとくの天子がおこなうべきで、周の政治、とくに周公の治世を模範とした。これを徳治主義とくちしゅぎという。孔子は、古来の礼を回復し、政治と倫理・道徳を関連させる説をたてた。その言行は、『論語』に記録されている。儒家は後世、中国の正統の学問として大きな影響を与えることになる。

『論語』:孔子の死後、弟子たちが編集した孔子と弟子の言行録。

孔子の孫の子思ししの門人から儒教を学んだのが孟子もうし(紀元前372頃〜紀元前289頃)で、紀元前4世紀ころ各地を遊説した。思想の中心に「仁・義」をおいたほか、天命が有徳者に移るとする改革論を説き、人間の本性は善であるとする性善説を主張した。儒教は魯からしだいに各地へ広がっていったが、最初に大きな影響を受けたのは魏である。儒家は、ここで多くの人材を養成して、魏に全盛時代をもたらした。
斉では全国から学者を招き、都臨淄りんしに邸宅をつくり、ここに彼らを住まわせ保護した。

斉の国では、威王(斉)いおう宣王(斉)せんおうが、全国から学者を招き、臨淄の稷門しょくもん付近に邸宅を建て、ここに移住させ、多額の生活費を給して、論争や著述に専念させた。彼らは「稷下の学士しょうかのがくし」と呼ばれた。

ここで孟子もうし荀子じゅんしが活躍し、儒教を盛んにした。荀子(紀元前298頃〜紀元前235頃)は趙に生まれ、性悪説を唱え、本性が悪である人間から、悪をのぞくために礼による規律維持が必要であるとして、孟子とはことなる方向で孔子の思想を継承・発展させた。

墨家

このような儒教の発展に対しては、多くの批判者や対立する立場をとるものが現れた。孔子に対して、最初に異を唱えたのが墨家ぼっかである。墨家の祖である墨子ぼくしは、孔子の説く仁を差別的な愛とし、形式的な礼楽の説や家族道徳を第一とすることに反対し、血縁を超えた無差別平等の「兼愛けんあい」を主張した。万人に対する博愛主義にたち、浪費をいましめ、相互の助け合い(交利こうり)を主張し、戦争は浪費の最大なものとして、非戦論非攻ひこう)を唱えた。

道家

また、孔子の説く仁や礼を人為的なものだとして、一切の人為を排してあるがままの状態にさかわらず「無為自然むいしぜん」を説いた老子ろうし荘子そうし(紀元前4世紀頃)は、道家どうかの祖となった。老子は、楚の人で姓は、名はと言われるが、伝説的要素が多く明らかでない。孔子と同時代といわれるが、かなり後世の人とみられている。老子は、儒教が形式化し、それに合わせようとする不自然な努力を否定し、一切の人為的なものを排して、万物の根源を無であるとし、そして無の性格は自然であること、すなわち「無為自然」を主張し、すべての根源である「道」への合一を求めた(老荘思想)。この説は、のちに民間信仰と結びついて、中国思想界に大きな影響を与えた。

詳説世界史研究

春秋時代が登場する作品

孫子兵法

孫子兵法
ドラマ 孫子兵法 ©HUAYI BROTHERS MEDIA CORPORATION

孫正義やビル・ゲイツも愛読したビジネス戦略の礎となった古典、孫子兵法。諸葛亮孔明や曹操が戦略の根基とした無敵の兵法の誕生秘話をHDでドラマ化。
中国春秋時代の兵法書『孫子』を著したとされる思想家孫武の半生、紀元前500年頃の群雄割拠の時代を描いた物語。

エスピーオー
¥19,989 (2021/08/03 12:13:31時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: B00451BL0S

恕の人 -孔子伝-

恕の人 -孔子伝-
恕の人-孔子伝- ©SPO.

生涯をかけて仁・義・礼・智・信の心を説き続けた孔子は、後に儒教、道徳の始祖と呼ばれる。
しかし、孔子は完璧な聖人でもなければ、超人でもない。国を転々とし、ついに大業を成し遂げることなく人生を終えた不遇の人なのである。

エスピーオー
¥6,276 (2021/08/03 12:39:48時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: B006U6UZ1W
広告
Previous Post