徳川綱吉 元禄時代 服忌令
徳川綱吉像(土佐光起画/徳川美術館蔵/WIKIMEDIA COMMONS)©Public Domain

服忌令

/

Previous Post

Next Post

服忌令 ぶっきれい 喪に服す服喪と、穢けがれを忌む忌引のことで、近親者が死んだときなどに穢れが生じたとして、服喪日数や穢れがなくなるまで自宅謹慎している忌引の日数を定めた。1684(貞享元)年から1693(元禄6)年まで5回追加補充され、武家、百姓や職人・町人にいたるまで、死や血を穢れたものとして排除する考え方を広く社会に浸透させていった。

Previous Post

Next Post