隋唐演義 李元覇
李元覇「隋唐演義」©浙江永楽影視制作有限公司

李元覇


Previous Post

Next Post

李元覇りげんは (599年〜614年)

李淵の四男で、けたはずれの怪力を誇る少年。楊広に気に入られるが、秦瓊を仙人のように尊敬し、反朝廷に回る。雷鳴を聞くと錯乱状態になるのが弱点。最強の武将・宇文成都と死闘を繰り広げる。(隋唐演義)

李元覇

李玄覇は、中国の唐(王朝)高祖李淵の三男。生母は竇皇后。字は大徳。
幼いころから聡明で能弁であった。614年(大業10年)に16歳で死去した。618年、衛王に追封され、秦州総管・司空の位を追贈された。諡は懐といった。
子がなかったので、甥の李泰が宜都王となってその祭祀を継いだ。

古典小説中の李玄霸

『説唐』などの古典小説中では、李玄霸は「李元霸」と改字されて登場する。漢の伏波将軍馬援が使用したという重さ800斤の擂鼓瓮金錘一対を振るい、甘泉関に集結した十八反王百八十万の軍勢に対してわずか一騎で戦って勝利を挙げた猛将として描かれる。隋唐十八好漢の筆頭とされる。

Wikipediaより

李元覇が登場する作品

隋唐演義

ポニーキャニオン
¥16,800 (2022/08/19 15:53:50時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: B00XN26JGQ
広告
Previous Post

Next Post