李時珍
本草綱/李時珍著 (画像出典:小学館 デジタル大辞泉)

李時珍

/ /

Previous Post

Next Post

李時珍 (A.D.1518〜A.D.1593) 明末期の薬草学者。明末期、知識人の中には現実の社会に役立つ学問を第一とする実学(経世致用の学)がおこり、李時珍りじちんは、約30年を費やして、古今の薬物に関する総合書『本草綱目ほんぞうこうもく』を完成させる。日本をはじめとする東アジア諸国にも影響を与えた。

Previous Post

Next Post