村田珠光
大徳寺真珠庵(画像出典:京都春秋

村田珠光

/ /

Previous Post

Next Post

村田珠光 (A.D.1423〜A.D.1502) 村田珠光むらたじゅこうは、室町中期の茶人。わび茶の開祖。能阿弥から書院茶の指導を受け、また当時庶民の間で流行していた「下々の茶」の様式を取り入れるとともに、一体宗純に学んだ禅の精神を加えて、新しい茶会を考案。さらに四畳半の茶室を創案し、不完全な美を尊ぶわび茶を志向した。

Previous Post

Next Post