東大寺金剛力士立像
東大寺金剛力士立像 口をへの字に結んだ吽形像:定覚/湛慶・口を開いた阿形像:運慶/快慶(画像出典:山川詳説日本史図録)

東大寺金剛力士立像

/

Previous Post

Next Post

東大寺金剛力士立像 とうだいじこんごうりきしりつぞう 国宝 重源ちょうげんの東大寺復興の一環として再建された、南大門の仁王。口を開いた阿形・口をへの字に結んだ吽形があり、運慶・快慶・定覚・湛慶の慶派一門により、1203年に69日間で制作された寄木造(部材数約3000)の傑作。1991年の解体修理の際、阿形像の金剛杵から墨書銘がみつかり、吽形は定覚じょうかく湛慶たんけい、阿形は運慶と快慶が主に担当したことが判明した。

Previous Post

Next Post