化政美術 東洲斎写楽
市川鰕蔵(東洲斎写楽筆/ブルックリン美術館蔵/WIKIMEDIA COMMONS)©Public Domain

東洲斎写楽


Previous Post

Next Post

東洲斎写楽 とうしゅうさいしゃらく (生没年不詳)

18世紀末の浮世絵師。江戸に住み阿波藩に仕えた能役者というが、伝記不詳。1794〜95年のわずか1年間に、約140点の個性的役者絵と少数の相撲絵を残す。五世石川団十郎をモデルとした「市川鰕蔵」などが有名。版元はすべて蔦屋重三郎。

東洲斎写楽

18世紀末の浮世絵師。江戸に住み阿波藩に仕えた能役者というが、伝記不詳。1794〜95年のわずか1年間に、約140点の個性的役者絵と少数の相撲絵を残す。五世石川団十郎をモデルとした「市川鰕蔵」などが有名。版元はすべて蔦屋重三郎。

¥946 (2021/08/05 10:47:39時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634013045

幕藩体制の動揺

化政文化

化政美術

寛政期には、『婦女人相十品』など多くの美人画を描いた喜多川歌麿きたがわうたまろ(1753-1806)、個性豊かに役者絵・相撲絵を大首絵おおくびえの手法を駆使して描いた東洲斎写楽とうしゅうさいしゃらく(生没年不詳)らが優れた作品を生み出した。

¥2,750 (2021/08/05 10:43:28時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634010739
¥2,750 (2021/08/05 10:43:28時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634010739

ギャラリー

東洲斎写楽
三代目大谷鬼次の奴江戸兵衛(東洲斎写楽筆/画像出典: The Metropolitan Museum of Art)©Public Domain
東洲斎写楽
三代目瀬川菊之丞の田辺文蔵妻おしづ(東洲斎写楽筆/東京国立博物館蔵/画像出典:ColBase
広告
Previous Post

Next Post