松尾芭蕉
松尾芭蕉像(葛飾北斎画)©Public Domain

松尾芭蕉

/ / /

Previous Post

Next Post

松尾芭蕉 まつおばしょう(A.D.1644〜A.D.1694) 貞門派の技巧と談林派の自由な描写力の両方に学び、さび(自然にとけこんだ枯淡の心境)栞(十分な余情をつつむリズム)細み(繊細な味)の幽玄閑寂に価値をおく蕉風と呼ばれた。芭蕉は俳諧を独立した芸術に高めた。全国を紀行して自然のなかに広く素材を選んだ『奥の細道』など紀行文も残す。

Previous Post

Next Post