林則徐
林則徐(WIKIMEDIA COMMONS)©Public Domain

林則徐

/

林則徐 りんそくじょ (A.D.1785〜A.D.1850)

清の政治家。湖広総督時代にアヘン厳禁論を奏上し、道光帝から欽差大臣に任じられた。1839年広東でアヘンの没収と廃棄などを強行し、成果をあげたがイギリスに開戦の口実を与える結果となった。40年解任されたが、のちに復帰。50年太平天国討伐を命じられ、赴任途中に病死。