林羅山
儒学者林羅山像(作者不明/日本肖像画図録 (京都大学文学部博物館図録))©Public Domain

林羅山

/ /

Previous Post

Next Post

林羅山 はやしらざん(A.D.1583〜A.D.1657) 儒学者。鎖国状況のもとで、君臣・父子の別をわきまえ、上下の秩序を重んじる学問である朱子学は幕府や藩にも受け入れられ、支配者である武士の学問・思想、常識の源泉となった。藤原惺窩の門人・林羅山は将軍家康の側近となり、その子孫(林家)は代々儒者として幕府につかえて学問と教育を担った。

Previous Post

Next Post