柔然 ササン朝 内陸アジアの新動向 エフタル 5世紀頃の内陸アジア地図
5世紀頃の内陸アジア地図 ©世界の歴史まっぷ

拓跋部

高車

突厥, 北斉

北周, ハザール

Previous Post

Next Post

柔然 (A.D.402〜A.D.555) 匈奴が衰えたあとのモンゴル高原で、モンゴル系またはトルコ系の鮮卑が有力となり、慕容部ぼようぶのたてた前燕・後燕、拓跋部たくばつぶのたてた北魏など五胡のひとつとして華北に建国して鮮卑が中国北部に移動したため、かわって5世紀のモンゴル高原で、モンゴル系の柔然じゅうぜんが有力となった。北魏と対立し、555年柔然に滅ぼされた。6世紀に中央ヨーロッパに移動し、ビザンツ帝国やフランク王国に侵入をくりかえしたアヴァール人と同族説もある。

Previous Post

Next Post