柿本人麻呂
柿本人麻呂 百人一首(歌川国芳画) ©Public Domain あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の ながながし夜を ひとりかも寝む

柿本人麻呂

/ /

Previous Post

Next Post

柿本人麻呂かきのもとのひとまろ (A.D.660頃〜A.D.724) 飛鳥時代の歌人。天武朝から歌人としての活動をはじめ、持統朝に花開いたとみられることが多い。ただし、近江朝に仕えた宮女の死を悼む挽歌を詠んでいることから、近江朝にも出仕していたとする見解もある。

Previous Post

Next Post