桂庵玄樹
桂庵玄樹(鹿児島県立図書館所蔵)©Public Domain

桂庵玄樹

/ / /

Previous Post

Next Post

桂庵玄樹 けいあんげんじゅ(A.D.1427〜A.D.1508) 五山禅僧であった桂庵玄樹は、明(王朝)から帰国したのち、肥後の菊池氏や薩摩の島津氏に招かれて儒学の講義を行い、また薩摩において朱子の『大学章句』を刊行するなどの活躍をし、のちの薩南学派の基を開いた。

Previous Post

Next Post