桜田門外の変
桜田門外の変図(蓮田市五郎画/茨城県立図書館

桜田門外の変

/

Previous Post

Next Post

桜田門外の変 さくらだもんがいのへん (A.D.1860) 安政の大獄に憤激した尊攘派志士(水戸浪士17人・薩摩藩士1人)が、江戸城桜田門へ登城中の大老井伊直弼を暗殺した事件。これにより幕府の権威は失墜。その様子を浪士のひとり蓮田市五郎が、『桜田門外の変図』を描いた。

Previous Post

Next Post