玄宗の政治と唐の衰退 楊貴妃
楊貴妃図 絹本着色 (高久靄厓画/1821江戸後期) ©Public Domain
Previous Post

Next Post

楊貴妃 (A.D.719〜A.D.756) 玄宗(唐)の寵妃。没落貴族の出身。玄宗(唐)の子・寿王(李瑁)の妃となったが、美貌と歌舞の才で玄宗(唐)の目に止まった。寿王と離別させられ、玄宗の寵愛を一身に集めた。国政が乱れ、安禄山が安史の乱を起こすと、兵に追われた玄宗の命令により楊貴妃は縊死いしさせられた。白居易はくきょいがこの悲劇的結末を主題とする長編詩「長恨歌ちょうごんか」に描き、『源氏物語』などにも影響を与えた。

Previous Post

Next Post