橘諸兄
橘諸兄『前賢故実』©Public Domain

橘諸兄

Previous Post

Next Post

橘諸兄たちばなのもろえ (A.D.684〜A.D.757) 奈良時代の公卿くぎょう。初名は葛城王。敏達天皇系皇親である大宰帥・美努王みぬおうと橘三千代(県犬養三千代)の子。母・三千代(軽皇子の乳母)は、藤原不比等と再婚して光明子(のちの光明皇后)をもうけた。 藤原4兄弟の死後、唐の知識を身につけた玄昉げんぼう、吉備真備らを起用し政権を握った。

Previous Post

Next Post