池坊専慶
現存最古の花伝書『花王以来の花伝書』 ©池坊

池坊専慶

/

Previous Post

Next Post

池坊専慶 いけのぼうせんけい(生没年不詳) 頂法寺(六角堂)の坊の一つ池坊の僧侶。立花の名手。聖徳太子が創建したと伝えられる頂法寺(六角堂)の北側の池で聖徳太子が沐浴し、そのほとりの僧侶の住坊が「池坊」と呼ばれた。池坊が代々住職を務め、池坊からは16世紀のなかごろに池坊専応、末ごろには池坊専好がでて立花を大成した。

Previous Post

Next Post