治外法権
A hearing of the International Mixed Court at Shanghai, c. 1905 (WIKIMEDIA COMMONS)©Public Domain
Previous Post

Next Post

治外法権 外国人が滞在国の裁判権、行政権に服することをまぬがれる権利。安政の五カ国条約では、治外法権の一つである領事裁判権(在留外国人の裁判をその本国の領事が行う権利)が認められ、日本の国権が侵害された。1899年の条約改正で撤廃される。

Previous Post

Next Post