法然
法然 ©Public Domain

法然

/ /

Previous Post

Next Post

法然 ほうねん (A.D.1133〜A.D.1212) 浄土宗開祖。教義:専修念仏(阿弥陀の本願にすがる念仏は易行であるが、往生の唯一の方法としてひたすら「南無阿弥陀仏」を唱えることが必要)。布教対象:京都周辺の公家・武士。主著:『選択本願念仏集』『一枚起請文』。中心寺院:知恩院(京都)。死後、隆寛の長楽寺派、覚明の九品寺派、証空の西山派など多くの流派に分かれ、これらを総称して浄土宗という。浄土宗から親鸞の浄土真宗、一遍の時宗が生まれた。なお法然の主著『選択本願念仏集』は彼に教えを請うた九条兼実のために書かれたといわれ、浄土宗の本旨を明らかにしている。

Previous Post

Next Post