海保青陵

/

Previous Post

Next Post

海保青陵 かいほせいりょう (A.D.1755〜A.D.1817) 経世家。宮津・尾張藩の儒官。のち京で塾を開く。藩営専売制の採用など重商主義を説き、他藩より利をとる方策を主張。『稽古談』(流通経済の仕組みなどを平易に説明)

Previous Post

Next Post