淀殿
『傳 淀殿畫像』部分(奈良県立美術館蔵)©Public Domain

淀君

/

Previous Post

淀君 淀殿よどどの(A.D.1569?〜A.D.1615) 父は近江国の戦国大名・浅井長政、母は織田信長の妹・お市の方。浅井氏滅亡後、柴田勝家に再嫁した母にしたがい越前北庄城にはいる。柴田氏滅亡後は豊臣秀吉にひきとられ側室となる。秀頼を生み権勢をふるい、秀吉の死後大坂城にうつる。大坂の陣で敗れ秀頼とともに自刃。名は茶々。淀殿の名前は淀城の女城主だったことによる。

Previous Post