漢委奴国王印
漢委奴国王印

漢委奴国王印


Previous Post

Next Post

漢委奴国王印 金印(奴国王)

漢委奴国王印(かんのわのなのこくおういん、漢委奴國王印)は、日本で出土した純金製の王印(金印)。読みは印文「漢委奴國王」の解釈に依るため、他の説もある。1931年(昭和6年)12月14日に国宝保存法に基づく(旧)国宝、1954年(昭和29年)3月20日に文化財保護法に基づく国宝に指定されている。

漢委奴国王印

金印(奴国王):1784年、福岡県滋賀島で発見された金製の印。方2.3cm, 重さ109g。後漢の光武帝が奴国王に与えたと『後漢書』に記されている印と推定される。漢委奴国王印ともいう。

¥946 (2021/10/24 17:37:41時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634013045

倭の奴国に対し光武帝が授けた印綬に関わる金印。『後漢書』にその記述があり、1784年筑前国(現在の福岡県)志賀島で偶然発見された。

¥946 (2021/10/24 17:31:33時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634033046
広告
Previous Post

Next Post