焚書坑儒
焚書坑儒 ©Public Domain

焚書坑儒

/ /

Previous Post

Next Post

焚書坑儒 焚書・坑儒ふんしょこうじゅとは、秦代の始皇帝が、儒家による周の封建制復活の動きに対する李斯の批判にもとづき、医薬・占い・農業技術書以外の書物は全て焼かせ(焚書ふんしょ 紀元前213)、翌年、儒家のうちに皇帝をそしるものがあったことで、咸陽に居住する460数名の儒学者らを捕らえて生き埋めにし(坑儒こうじゅ)、言論・思想の統制をはかったことをさす。

Previous Post

Next Post