狩野元信
祖師図 部分(狩野元信筆/東京国立博物館 蔵/重要文化財)

狩野元信

/

Previous Post

Next Post

狩野元信 かのうもとのぶ(A.D.1476〜A.D.1559) 室町後期の幕府御用絵師。狩野派の祖である狩野正信の子。狩野派2代目。漢画の様式と金銀を主体とする土佐派大和絵の手法を合わせて、桃山時代の障壁画の母体となる和漢融合の新しい装飾画様式をつくり出すとともに、時の権力者の庇護を受けつつ、その後の狩野派隆盛の基礎を確立した。

Previous Post

Next Post