周茂叔愛蓮図 狩野正信
周茂叔愛蓮図(狩野正信画/九州国立博物館蔵)国宝 ©Public Domain

狩野正信

/ /

狩野正信 かのうまさのぶ(A.D.1434〜A.D.1530) 室町時代の画家。狩野派の祖。漢画風、大和絵画風の融合による日本風漢画様式を大成させ障屏画しょうへいがを数多く創作。八代将軍足利義政に仕え、室町幕府の御用絵師となる。狩野派は時の権力者の庇護のもと、近世まで活躍する。