玉虫厨子
玉虫厨子 (国宝展ハガキ)

玉虫厨子

/

玉虫厨子たまむしのずし

奈良県斑鳩町の法隆寺が所蔵する飛鳥時代(7世紀)の仏教工芸品。装飾に玉虫の羽を使用していることからこの名がある。玉蟲厨子たまむしずしの名称で国宝に指定されている。