徽州商人 王直
王直像 王直は徽州商人から倭寇の頭目になった。 ©Public Domain
Previous Post

Next Post

王直 おうちょく (生年不詳〜1560) 中国の明代、後期倭寇の頭目。はじめ塩商であったが、事業に失敗し、1540年に仲間とともに日本や南海方面を相手に密貿易をおこない巨額な富をきずいた。1543年に種子島にポルトガル人を乗せた中国船が漂着し、日本に鉄砲を伝えたとき日本側と筆談をしたのが王直であったという。しかし彼が根拠地としていた舟山列島が、倭寇の取り締まりで攻撃をうけると、部下を率いて江蘇・浙江地域の沿岸部を襲い、後期倭寇の中心的な人物となったが、彼の死後、倭寇の勢力はしだいに衰えていった。

Previous Post

Next Post